雨の日の過ごし方

その他

雨の日はちょっとユウウツな気分になりますよね。空は薄暗いし、外に出ると濡れるし。そんな雨の日の楽しみ方を考えてみました。

雨具をそろえる

傘や、コートや、レインシューズなど、雨の日専用のグッズを新調してみる。雨の日しか使えないので、雨が降るのが楽しみになります。そして、使い心地が良ければなおハッピー。これ、買ってよかった、という嬉しい気持ちになります。

あ、お気に入りの傘ほど忘れやすいですので、帰りに晴れた時はくれぐれもお気を付け下さいね。

大声で歌う

ザーザー降りの雨。雨の音で全ての音がかき消されてしまうくらいの雨音だったら、大声で歌ってみましょう。上手い下手は関係ありません。だって雨の音にかき消されてしまいますから。

カラオケなどに行かない限り、なかなか大きな声を出す機会はないですよね。意外と気分がスッキリするし、鬱々とした気持ちもちょっと楽しくなります。

ピチピチちゃぷちゃぷしてみる

♪雨雨ふれふれ 母さんが 蛇の目でお迎え 嬉しいな ピチピチ ちゃぷちゃぷ ランランラン♪

お子様がいたら、カッパと長靴で傘をさして、水たまりを探しに出かけてみるのはいかがでしょうか。童心に帰って水たまり遊び。わざと水たまりを歩くのって、結構たのしいですよ。泥がはねるので、長靴は必須です。

昔に聞いた話しなのですが、パパが「雨は嫌だなあ」とつぶやいたら、その娘さんが「なんで?雨好きだよ。だって、ピチピチちゃぷちゃぷできるもん」と言っていたそうです。

なんが、可愛らしいエピソードですよね。そうが、ピチピチちゃぷちゃぷ出来るから嬉しいのかあ。大人になると忘れてしまう感覚です。

雨上がりを待って写真を撮りにいく

こちらは雨が止んだ後になりますが。写真を撮りに行くのはどうでしょうか。雨上がりは空気が澄んでとても綺麗です。また、雨上がりの晴れなら虹が見れる可能性も。携帯やカメラをもって、外に撮影に出かけてみましょう。雨粒に濡れた木々はいつもと違う表情が見れます。まだ雨粒のついた草花はとても情緒的です。

同じ場所でも、いつもと違った景色が見られます。

まとめ

雨の日の楽しみ方、いかがでしたか?他にも色々探してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました